これで足りますか?買えますか?

昨日の話。

ムスカリ


886円の買い物をして、1万円札を出したおばあさん。

「これで足りますか?買えますか?足りてますか?」
繰り返し言う。



もしかしたら足りないのかも?と財布の中を探っている様子。

「足りていますよ。大丈夫です。お釣りが出ますよ♪」と優しい口調で言った。



探っている財布の中には、万札数枚と千円札数枚。

小銭も持っている。


でも、出せないのだ。


886円の買い物で、どのお金を出したらいいのか?分からないのだ。




それでも一人で買い物に来ている。

足腰は大丈夫。身なりも小奇麗にしている。

それでも、お金の価値は分からなくなってしまっている。




年を取って、どこから衰えてくるかは人それぞれ。

身なりが乱れたり、悪臭がしたり、足腰が弱ったり、お金の価値が分からなくなったり。

方向が分からなかったり、自分の家の電話番号、住所が分からなかったり。

それでも一人で買い物に来る。



お金がちゃんと出せなくても駐車券を出すお年寄りもいる。



年を取ると身体能力、見た目年齢、脳年齢にかなり差がつく。

85歳を過ぎているであろうお年寄りでも、電子マネーやポイントをうまく使う人もいる。

10歳以上の差がつくと思っている。



誰も自分が分からなくなりたいと思っている人はいない。

それでも衰えてしまう。

面倒くさい事、新しい事をするしかない。

新しい事を覚えるのが一番脳が活性化されるようなので、面倒くさくてもやろうとする事だと思っている。

買い物をするのでも細かいお金も出す。

電子マネーを使ったり、ポイントを使ったり、セルフレジを使ったり。

お得なクーポンやスマホや携帯電話も使ってみたり。

子どもやお嫁さんに丸投げしないで、自分でやろうとする事だ。



そういうお年寄りの脳は活性化されている。

それと運動。食生活。



時々仕組みの説明をして、分からなくて怒ってしまう人がいらしゃるけれど、

キレないで新しい事を覚えた方が自分の脳の活性化になります。(^^;)


自分もどこまで出来るか分からないですけれども・・・


日本は高齢化社会。日々感じています。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ

にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

頑張りましょう!
スポンサーサイト