婦人科系に気を付けたいお年頃



昨日、近所の友だちに偶然会った。


お互いに仕事をしているので、近所と言えどもなかなか会えない。

「あー久しぶり♪元気~?」と声を掛けられた。

半年以上、会ってなかっただろうか?

「くたびれてるけど、元気。そちらはどう?」と笑いながら答えた。

「うん。私は元気だけど・・・・」と話は続いた。



お姉さんが子宮がんで亡くなったと。



肺の症状が酷くて病院に行ったら、子宮からの転移だったと・・。

このお年頃でなるのは、体がんの方ですね。


子宮の症状もあったと思うのですが、更年期に入って不順になったんだと

思いがちなお年頃ですから・・それで病院に行かなかったのかな?と想像しました。

女性は、更年期に入る40代後半から気を付けた方がいいですね。



ホルモンが不安定になって、病気を起こしやすくなる。

婦人科系だけじゃなくて、エストロゲンの減少で骨が弱くなって

転んで骨折した人も40代後半からぞろぞろいる。

気をつけなくちゃいけないお年頃です。




「じゃあお姉さんの分まで頑張らないとね!」と言うと。

「うん!そうよ!私気を付けてる。検診にも行ってるよ。行った方がいいよ!」と。


・・・(;^_^A (私もうなっちゃったのよ。4年生で-す。心のなかで思った。)


クローバー2

気になる事があったら、病院に行きましょう。

そういうお年頃です。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ

ありがとうございます
にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ

スポンサーサイト