手術説明

手術説明書
私、旦那、姉で手術の説明を聞く。

まず初めにラジオ波はやらないで、温存にすると伝える。
先生はちょっと残念そうだったと姉が言う。
ラジオ波は、乳がんの効果がはっきりしていない。
傷よりも安全な方を選びたい。・・先生すみませんね~。


-書類に先生が赤丸で書いて説明してくれる-

悪性で乳がん。
ステージは今の段階ではⅠ。
リンパは今の段階では所見なし。(手術であったらⅡaになりますね~)
肺、肝臓、骨転移なし。

今の段階でⅠってことは、これが非浸潤だったら0なんだから、
浸潤ってことかな?って生検してない・・MRIである程度わかるのかな?

「生検もやっぱりしときましょう。」ということで次回やることになった。
これでグレードもタイプも分かるね。
グレードは、手術後の方が正確だけど・・。

説明は紙数枚に渡る。
細かくて丁寧だな~と思った。
普通そうですよね。(^_^;)手術ですもんね。

さて次は生検ですね。

気になるのは、がんのタイプ、センチネルリンパの結果、グレード。
・・あんまり考えないようにします。
今考えてもしょうがない・・。


帰りはいつもの通り、スタバ。
そして実家へ報告に行った。


姉が「乳がんと牛乳」を買ってきてくれた。
やっと読める♪


乳がんは必ず克服できる。
信じてほしい。実際できるのだ。
私にできたのだから。-ジェイン・プラント


姉が「これ力強いよね~
これだけで大丈夫だ!って気になるよね。」と言っていた。


本当ですね。
なんて力強い。(´▽`)
さっそく読みましょう♪

おやすみなさい。
おはな


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
スポンサーサイト