スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メラトニンで抗がん(本)驚異のメラトニン

こんにちは ヽ(o^─^o)

以前に、カフェインとメラトニンの関係記事を書かせて頂きました。

体内時計や、安眠のためのホルモンというのが有名ですが、

メラトニンは抗がんだ!というのが分かったので、調べてみました。

メラトニン

「驚異のメラトニン」 ウォルター・ピエルバオリ ウイリアム・リーゲルソン

中身が濃すぎるので(汗)がんの所を。

第7章
がんに対する強力な予防と治療


メラトニンは・・

生体ががん細胞を探し破壊する能力を高める。
乳がんと前立腺がんの予防に役立つ。
発がん物質に対する生体の防御作用を高める。
フリーラジカルによる細胞の損傷を予防する。


T細胞は生体内の天然の抗がん物質であるが、メラトニンはこのT細胞の攻撃力と
効率を増強させる。異常な悪性細胞が増殖を開始する前に、悪性細胞を探し出して破壊するのが
T細胞の役割である。
年を取るにつれてT細胞はその活力を失い、高齢者ではがんの発生頻度が高まってくる。

メラトニンは免疫系の老化を遅らせ、それによって有力な抗がん作用を示すと考え
られている。
メラトニンが、免疫系を強化して癌化細胞を撃破し根絶させることが確認されている。

メラトニンはホルモン値が異常に高くなることを予防する働きを持ち合わせている。
タモキシフェンの効果を高めるという内容もあった。

その内容をネットで探してみると・・



最新健康ニュース ←クリック

(2014年7月) "Cancer Research" 誌に掲載されたテュレーン大学の研究によると、
タモキシフェン(抗ガン剤)が乳ガンに対する効果を発揮するにはメラトニンという
ホルモンが必要で、夜間に光にさらされることによってメラトニンが生産されなくなると、
乳ガンがタモキシフェンに対する完全な耐性を獲得すると考えられます。

ネズミを使った実験でメラトニンのサプリメントを投与した実験。

メラトニン自体にも腫瘍の形成を遅らせたり、
腫瘍の成長を有意に鈍化させる効果がありましたが、メラトニンの量が
タモキシフェンの効果に与える影響は劇的でした。

なるほど、内容は同じでした。
これはメラトニンを出さなくては!夜、カフェインを摂ってはいけない。
暗くして、ぐっすり眠らないといけない。

ホルモンヌだけではなく、他の治療にも使われているのも発見。

自然にメラトニンの量を増やすには・・

トリプトファン
  ↓
セロトニン
  ↓
メラトニン




トリプトファンが多く含まれる食品

•バナナ 10mg/100g
•豆乳 53mg/100g
•ひまわりの種 310mg/100g
•アーモンド 201mg/100g
•肉類 150~250mg/100g
•赤身魚 200~250mg/100g
•糸引納豆 242mg/100g
•すじこ 331mg/100g
•たらこ 291mg/100g
•白米 89mg/100g
•そば 192mg/100g


本の中ではサプリメントも勧めている、が、量は非常に少ない。

メラトニン量

ちなみに、若い頃の基準値に回復させるための量です。(がん患者ではない・・苦笑)

副作用はネットでは発見できなかったが、量を摂り過ぎると体内でメラトニンを育成しなくなるのでは?

という懸念の記事は見つけた。

サプリメントについては、自己責任で。( ´ー`)取り扱いは慎重に。


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ

長いのにお付き合いありがとうございました。(;´▽`A
にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ





スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。