術後3年



3年経ちました。
4月24日の朝1番で手術だった。

手術ってベットで運ばれて入るものと思っていたら、
徒歩でトボトボと歩いて手術室へ。

振り返って、 手を挙げて「じゃ~ね。」と言って入った。
あの日から3年、時間が経つのは早いものですね~。


朝もや
病院通路の窓から朝もやの風景を撮った。
同じく携帯で撮っている人がいた。


「よく撮れました~?」と聞かれた。
「どうでしょう?」( ´ー`)と答えた。
「肝臓がんで入院していました。明日退院です。」と嬉しそうに話したあの人は
今でも元気にしてるかな? と、思い出す。




ふじ1
新幹線から撮った富士山。
電柱が邪魔だけど、パワーをもらおうと載せてみる。




休日
桜もめでたい感じで載せてみる。


3年経ってどうでしょう?
暖かくなってホトフラも多くなってきました。
不安や焦りがあると倍増して起こります。
関節も痛いけど、3年近くも続けば慣れてきた。
最近眠りがとても浅い。
髪の毛はリュープリンを打っていた頃に比べて抜けない。
卵巣は今のところだいじょうぶ。


ちょっと痛いところを見つけると、いじって、いじって
押したり、なでたり?だいじょうぶかな?といじり過ぎて更に痛くなるという。
きっと、誰でも経験があるんじゃないでしょうか?


爪の血豆を見つけると、「え?これってメラノーマ?違うよね。血豆だよね。」
と、その日から観察が続く。


やっぱりがんになる前よりは、心配性になりますね。
心配するとホトフラも起きる。
メンタルも守らなくちゃいけない。


( ´ー`)色々忙しいけど、
なるべくノンビリしたいですね。

4年後も同じようにしていたらいいな。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ

ありがとうございます。
にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ

スポンサーサイト