スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本)第二のマクガバンレポート

マクガバンレポート

1975年 フォード大統領により、上院議会に「栄養問題特別委員会(直轄諮問機関)」を設置

ガン・心臓病・糖尿病・肥満などの成人病が急増、国民医療費も急速に膨れ上がっていた。
「アメリカは戦争ならどこにも負けないが、自国民の病気で滅んでしまうであろう」とまで言われた。

ジョージ・マクガバン上院議員(当時、民主党の副大統領候補)を委員長に任命。
関係分野の有能な専門家を結集させ、国家的大調査を実施した。


世界中の国々、しかも、ひとつの国をさらに地域別・人種別・宗教別などに細かく分け、
人々の食生活と病気や健康状態との相関関係を分析。

証人喚問に応じて資料レポートを提出した各国の医師・生物学者・栄養学者などの専門家の数は3000人を超えた。
2年を費やし、1977年に5000ページのレポートが完成。






まくがばん本

チャイナ・プロジェクト・・中国農村部の食習慣研究

「マクガバン・レポート」の追跡調査として立ち上げられた。
T・コリン・キャンベル博士により指揮。栄養学世界的権威


「チャイナ・プロジェクト」は「マクガバン・レポート」
の内容がどれだけ正しいものなのかを確認するためのプロジェクト。
コーネル大学、オックスフォード大学、中国予防医学研究所による大規模な共同研究。

「健康と栄養」に関してこれまで行われた研究のうちで最高峰とされる。

長期間にわたって中国での大規模疫学調査。
「チャイナ・プロジェクト」の分析結果を本にまとめた。

「チャイナプロジェクト」は中国での疫学研究を指し、
「チャイナスタディー」は本書の原書を指す。


No1.jpg
とても興味深い第3章 がんはこうして作られる。



ガゼイン
こちらと書いてあります。

その他、動物性脂肪摂取量が極めて深く乳がんと関係している。
食習慣、コレステロール、初潮年齢、女性ホルモンレベルが乳がんのリスクと
知られているものすべての役割について調べることが出来た。


じゃあ、どうしましょう?(;´▽`A


人間は光合成を行わないので、自分自身で抗酸化物質を製造することができない。
だが、しかし幸いなことに植物の中の抗酸化物質が植物の中で働くのと同じやり方で
私たちの体内でも働いてくれ
るのである。

野菜は綺麗
取りあえず、野菜いっときます?


どういう内容をチョイスするか?というのは個人的の自由なので、あまり押し付けない書き方で。
と、いいますか、感想も入っていないような?(≧▽≦)
読む以前から内容は大体知っておりました。

私は完全ヴィーガンではなくて、少量動物食べてます。(チキン 魚)
ムリをしないで、でも、体に良い物いっときましょう。

それが、たんぽぽnaお食事。
責任は持てません(笑)何しろ毎日お饅頭食べています。(-_-;)
欠点は食べ過ぎることです。いけません・・・!

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ

ありがとうございます。
にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ

血中コレステロールを上げちゃいけません!
ええ・・旦那に言っています。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。