説明が出来ないほどの悲しさ

先日電話がかかってきて、
「旦那様が入院した人がいるので、出勤してもらえませんか?」
と言われた。

私も長期の休みをもらって迷惑を掛けたので、
恩返しに!と出勤した。


その方が今日から復帰してきた。
10日くらいの休みだったのだろうか?


大きなお菓子が置いてあった。
でも、説明書きもなく、会っても挨拶はなかった。
( ´ー`)?どういうことだろう?
シフト変更もかなりあったはず、一言あってもいいのでは?と思っていた。



休憩していると、「○○さんに、旦那さんどうですか?大丈夫ですか?と聞いたら
顔色が変わって、泣きそうになってしまった。」と聞いた。

「あー、悪いんだね・・。泣いてしまうから、説明もできないんだね・・。」
妙に納得してしまった。

脳梗塞だったようだ。
まだ入院中。
麻痺が残っている様子。
説明しているときっと涙が出てしまうんだろう。

言いたくないという気持ちがよく分かる。
私は復帰した時、お詫びとお礼はしたが、病気の話はしたくなかった。
完治ではない、命に関わるような病気だと説明したくないという気持ち。
噂をされるのも嫌だった。同情もよろしくない。
何もなかったのように仕事をしたかった。( ;´ー`)私の場合。


○○さんの場合は、まだ状態も不安定。
旦那様だとすぐ生活にも響く。
今後のリハビリでどのくらい回復するか?
心配と不安と悲しさで一杯なのだ。
話をすると涙が出てしまうのでしょう。
職場で崩れたくないのですね。
まだ50代。頑張ってもらわないと。
回復して仕事が出来るようになりますように。


自分が病気になっても、家族がなってもやっぱり大変です。


そして思ったのが健康管理。
本
血液をキレイにしておきましょう。
すべての病気に通じる。

( ´ー`)読んだのですけど、いつも食べている物ばかり。
体に良い物は血管にもお肌にもがんにも効きます。

そして今日見たTV、脳の特集。
事故でリハビリを頑張っている若い彼が、
前を向いて、上を向いて、頑張る、頑張る!と言っていた。

思った。私も頑張る。(それなりに)
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ

にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ


スポンサーサイト