本)ガン治し 本気塾

本気塾

がんが消滅した人の本、ブログ、読んでいます。
怪しげなのはパス。
ネットで見かけて、インパクトのある題名のこの本を購入してみました。

「ガン治し 本気塾」橋本豪

外科医として研修、大阪大学医学部癌研究所研究員として
ガン免疫学を学び、胃腸系の病院に勤務後に開業。
そしてご自分があごのしこりから悪性リンパ腫として診断された。

自分ががんになったら、通常の治療法以外のことをしてみたいと
抗ガン剤を拒否、
ゲルソン療法で一時は消滅したものの、食事療法がおろそかになり、
腹部に再発転移。

その後「食事」「自律神経」「メンタル」からなる「セルフ療法」を考案。
それから10年経過。腫瘍マーカーも体調も安定。

食事は玄米菜食で野菜ジュースの摂取中心。
大豆、キノコ、海藻、野菜の摂取
肉、魚、脂肪分、塩分、極力避ける。
アルコール、乳製品の制限。
腹6分目、7分目にする。

がんが落ち着いてきたら、少し緩めて魚など食べている。


自律神経は爪もみ、足湯、深呼吸、ストレッチ。


最後がメンタル。ストレスを取り除く。
確認行動。朝太陽に向かって「大光明、私は治る、治る。」と唱える。
今日1日実践したことを振り返り「私は○○をしたから、よくなった。」
「ガンのある部位に手を当てて、消えてゆく、消えてゆく。」と唱える。
など・・



がんを克服した人が実名写真付きで載っています。
皆さん笑顔です。

乳がんの方もいました。
ステージⅢAで手術、抗ガン剤治療4クールで治療終了。
医師からは、再発の可能性が高いと言われながらも
10年経っても再発も転移もなし。



がんを克服した87人の方に
「がん克服に一番影響したのは何ですか?」と聞いたところ

1.考え方
2.食事
3.治療法

という結果が出ていました。






ゲルソンから始まって、自分なりに改良したというのをよく見ます。
ジェイン・プラントさんもそうでした。

食べ物っていうのは、同じ物を食べても代謝も吸収も違う。
種類も多いし、料理法によっても違いますし、かなり複雑。
体とよく相談するのがいいのでしょうか?

私は・・・食べ過ぎです。(笑)
少し気にしているという程度です。
まったく忘れて、前に戻らないように注意したいと思います。(汗)


克服するのに1番影響を与えるのが考え方というのがポイントでしょうか。
生きるのが辛い、苦しいと思っていると、体が壊れてくるというのを
読んだことがあります。
メンタルは大切にしなければと思います。
凹む時もありますけどね~(;´▽`)

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ

にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ

読書の秋ですねー



スポンサーサイト