スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホルボケ

ホルモン系をググって色々と読んでいたら、
「ホルボケ」という言葉が出てきた。
ホルモン治療によって頭がボケることだそうです。

読んでいたら、性転換の方がほとんどでしたが、
乳がんのホルモン治療と症状が似ていることもやはり多い。

女性に男性ホルモンは更年期障害のような症状が出る。
性転換目的なので、身体的にも症状が出る。

男性に女性ホルモンでもホルボケが出るそうで、情緒不安定など色々。

私もホルモン治療でボケているので、これもホルボケ?ですよね。


物忘れひどいです。
回転の悪さなどは、少しだけマシになったような気がするのですが・・
気のせい?
何でも薬のせいにしたくないけど、本当に物忘れがひどい。




乳がんのホルモン治療

1898年進行した乳がん患者の卵巣を摘出したところ、がんが小さくなったという報告から始まった。
卵巣摘出や、女性ホルモンに対抗して男性ホルモンを投与。


1963年タモキシフェン(Tamoxifen、TAM)
イギリスICI社(現アストラゼネカ社)によって開発された、抗エストロゲン剤
クエン酸塩が、ノルバデックス(販売:アストラゼネカ)
タスオミン(販売:バイエル薬品)



1981年日本で承認 抗エストロゲン剤タキモシフェン(承認が遅い・・)
1994年LH-RHアゴニスト製剤のゾラデックス、リューブリン
1995年ファドロゾール、第一世代アロマターゼ阻害剤
2001年アナストロゾール、第二世代アロマターゼ阻害剤
2012年アナストロゾール、第三世代アロマターゼ阻害剤


タモキシフェンのお陰で、卵巣摘出や男性ホルモン投与がなくなったのですよね。
昔は大変でしたよね。
それを考えるとありがたい!

のですが、色々とありますと
それはそれでなかなか・・(苦笑しながらホトフラ)

ノンビリといきましょう。( ´ー`)そうしましょう。

今月は婦人科とがんセンター1年半検診です。

過ぎ去る夏
季節は巡る~ もう職場ではクリスマスの予約です。(´▽`;)


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
他のカテゴリーにも参加しようと探しています。
日常や趣味など増やそうと思っています♪















スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。