天保9年の乳がん

夏に日本でいち早く西洋医学を採り入れた
医学塾(天保9年~)に見学に行ったのです。

大

こうして当時の治療内容と料金が書かれていました。

小
その内容を見て、ビックリしたのです。
乳がんがある・・・今見たら、卵巣のう腫もある・・。^^;
思ったよりも色々な治療をしている。
全国から患者さんがきていたそうです。


当時、この病院では全身麻酔は危険という事で
使わなかったと記載されていました。痛い!
それを見て、恐ろしくなってサッサと退散してきたのです。
もちろん昔ですから、相当悪くなってから治療していたの
でしょう・・。


それで載せなかったのですが、時々思い出して
私はこの時に生まれていたら、寿命だったんだなと・・。
よくオマケの人生と聞きますけど、私もオマケの人生だ。
運よくこの時代ではなくて、今生きてる。

全身麻酔を使って手術してもらって、普通の生活ができる。
ありがたいな~と思うようになりました。
こうして医学は進歩してきたのですね。


人生は楽しく
オマケの人生楽しく♪
時々落ち込むこともありますけど・・
人間ですもの~( ´ー`)ネ



むらさき
今年はありがとうございました。
皆さん よいお年をヽ(o^─^o)

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村




スポンサーサイト