温存か?ラジオ波か?

今日2回目の病院でした。

専門病院からの細胞をもう一度調べたのか?
悪性でしたと再び言われる。
専門病院の先生も元がんセンターの先生だった。
間違いはないでしょうね。

でも、稀に手術してから、悪性じゃなかったということもあります。
(あるらしいですね~)

リンパの細胞診は、PCには所見なしとあったけど、
先生から「測定不能でした。」とお話がありました。

じゃぁ、何を取ったんだろう( ゚Д゚)?
でも、手術すればわかるからとのこと。
え( ゚Д゚)?やらないんですか?
生検もしないの( ゚Д゚)?
ということで、腫瘍がどんなのだかさっぱりわからない(;゚;∀;゚;)?

次回は、骨シンチとCT。
それは他にないかの検査だし・・


敵のタイプわからず(。・´ω`・。)・・



ラジオ波治療にする場合、手術前に生検して残します。
焼いてしまってわからなくなるからとのお話。



ラジオ波治療と温存の違いについて聞いてみた。
ラジオ波は、全身麻酔で針を刺して焼く。
温存はない、術後の生検とMRIが何度かある。
がん細胞が見つかった場合、それから切除となった例が1件。
それは温存の場合でもありうる。
火傷の後が残ってしまったのが1件。
それとラジオ波の方が費用が高いということ。

温存は切って縫うのが痛い。
ラジオ波は火傷が痛い。
どうなんでしょう??

「先生ならどっちの治療にしますか?」と聞いてみた。
「う~~~~ん。」と言ってそのまま返事がない。
先生も迷うのですね・・


どうしよう。。もっと調べてみなくては。



「先生!今日はエコーしないんですか?」と聞いてみる。
「1週間じゃ変わりませんよwしません。」と言われる。
( ・´ω`・)え~~ やっぱりそうなのか・・
どうも成長してないだろうな・・と気になってしまうのでした。


入院は4月20日に決定。
手術後、放射線。
浸潤だったら、プラス 抗がん剤orホルモン治療。
リンパにあったら、プラス 抗がん剤とホルモン治療。
これホルモン依存型だった場合ですね。
先生はなんとなくホルモン依存型だと思ってるのかも。
私も実はそうかな~?と思ってる。

それまで体調に気をつけていましょう。
いい物食べて、ちゃんと寝る!



次は骨シンチです。
長いんですよね。
頑張り様もないけど、大人しくしています。





スタバ
帰りは、入り口にあるスタバに寄る。
外資系は、目の付け所が違うな~。
病院にまで進出。
日本のコーヒーメーカー、どうして思いつかなかったんだろう・・。




チョコ
可愛いなぁ・・でも食べられない。
(乳製品絶っています。)
と思っていたら、真ん中のマシュマロチョコに牛乳の表示がない。
店員さんに牛乳入ってないんですか?と聞いたら、
親切に本を持ってきて調べてくれた。
入ってないそうで、久しぶりのチョコを食べました。



ソイラテ
そして、ソイラテ。
癒されるわぁ~~(*´∀`)ありがとう ソイラテ♪




にほんブログ村 病気ブログへ





スポンサーサイト