乳がん

1年検査 結果がでました。

血液検査、マンモ、エコー、肺X線。
すべて問題なし。
血液検査はマーカー以外も問題なし。



1年経ちました。
色んな人にお世話になりました。
お陰さまで今日の日を迎えています♪
ヽ(o^─^o)ありがとうございました!

ひる
お昼ご飯です♪
残り物でも・・一応考えて、体に良い物を食べました。
豆腐、キノコ、キャベツ、サバ、ネギ、ニンジン、きゅうり、タマネギ
パプリカ、かまぼこ、トマト

面倒くさい時は、納豆と味噌汁でも平気です。( ´ー`)




ジャンバラヤ
家族で食事に行きました。
コッテリも美味しい♪
ポテトとサラダも食べました。
他、家族はお肉( ´ー`)ビーフ食べたいよね~
時々作るけど、前に比べたら豚とビーフの登場は減っちゃったからね。
私はこの調子でゆるゆる~と、でも、良い物探して食べていきます。



勇気を鼓舞してやってきた。
崩れそうになる自分を自分で叱る。 松下幸之助


食べる事を考えながらやってきた。
崩れそうになったら、体に悪いから違うことを考える。 たんぽぽの詩


崩れそうになることというのは、病気だけじゃないですから、
これからくじけそうな時があったら、自分に叱咤激励します。ヽ(o^─^o)


それでは、ごきげんよう♪
美味しい晩ご飯をどうぞ。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

術後1年検診

1年検診に行ってきました。

数か月前にのう胞があって、エコーを見てもらっていたので
そんなに心配しないで行ってきました。

心配だったのは、マンモがどのくらい痛いか?(;゚∀゚)でした。
マンモはやはり痛かった。
でも、技師さんがよく分かってくれていて、ちょっと緩めに
短時間で撮ってくれたので助かりました~。痛かったー

そしてエコー。
前回ののう胞は吸い取ったので、消えていましたが、
まだ他にものう胞が2つあるそうです。
マンモにも写っているそうですが、
「これはどう見てものう胞ですから、心配いりません。」
とハッキリ言ってくださって安心しました。
「肺のレントゲンも綺麗です。」と言ってもらって後は血液だけです。
がんセンターを卒業して、血液検査も数日かかります。

他はやらないのです。
血液検査で異常が出るか、痛い個所やしこりが現れない限りは、他の検査はなさそう?

先生は華のある気遣いのある先生です。
何もなければ、また半年後にお願いします。


Vサイン
術後のVサインです。

朝1番で手術でした。
夕方、どうにもこうにもお腹が好きまして(笑

少し麻酔のメマイがあったのですが、食べれないと困る!と黙って
「大丈夫です!平気です。」と歩いて見せ。
トイレにも行って平気をアピール。

ソイヨーグルトとバナナを食べましたが・・
まったく足りなくて、内緒で子たんぽぽと売店に行き
おにぎりを買ってこっそり食べたという(笑
結局、ヨーグルトとバナナ2本とおにぎりを食べた。
術後こんなに食べてはいけません(笑


もう1年が経ったのか?まだ1年なのか。

こうして普通に(卵巣が時々痛いですが・・)生活できています。
こうした日々が続くことを願っています。


pink.jpg
ノンビリと頑張りましょう♪( ´ー`)
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村




初診画像

がん
これが初診で撮ったエコーの画像。
小さくてよく分からなかったのですが、
こうして写真に撮ってアップにしてみたら・・・
どう見てもがんじゃないですか・・これ( ;´ー`)
形がいびつ過ぎます。

自分で触った時もすごく硬くて、これは硬がんだ!と思ったのですが・・
本当に硬がんでした。(石のごとく硬かったです。)
触ってデコボコしているのも分かったんです。

硬がんはあまりよくないとネットで見たので、
硬がんについて先生に聞いたのですが、
「気にしなくていいです。」と言われました。
7,9×6,2×7,7mmというサイズで出ていますが、取ったら大きかったですねー。

本当は見たくないのですが・・事実だし、記録として載せちゃいました。

おまえのせいだー!(-`ェ´-怒) (怒っても仕方ないですけど)

気になる所があったら、専門医院へ行きましょうー。
検診も行きましょうー。

では、ヽ(o^─^o) がんの画像と他の画像を一緒にしたくないので、
本日はこれだけで・・また、お会いしましょう。
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

天保9年の乳がん

夏に日本でいち早く西洋医学を採り入れた
医学塾(天保9年~)に見学に行ったのです。

大

こうして当時の治療内容と料金が書かれていました。

小
その内容を見て、ビックリしたのです。
乳がんがある・・・今見たら、卵巣のう腫もある・・。^^;
思ったよりも色々な治療をしている。
全国から患者さんがきていたそうです。


当時、この病院では全身麻酔は危険という事で
使わなかったと記載されていました。痛い!
それを見て、恐ろしくなってサッサと退散してきたのです。
もちろん昔ですから、相当悪くなってから治療していたの
でしょう・・。


それで載せなかったのですが、時々思い出して
私はこの時に生まれていたら、寿命だったんだなと・・。
よくオマケの人生と聞きますけど、私もオマケの人生だ。
運よくこの時代ではなくて、今生きてる。

全身麻酔を使って手術してもらって、普通の生活ができる。
ありがたいな~と思うようになりました。
こうして医学は進歩してきたのですね。


人生は楽しく
オマケの人生楽しく♪
時々落ち込むこともありますけど・・
人間ですもの~( ´ー`)ネ



むらさき
今年はありがとうございました。
皆さん よいお年をヽ(o^─^o)

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村




今年1年を振り返って

あの日、お風呂で気になっていたところが
シコリとして触ることになった。
寝て再び触って、がんだと思った。

眠れなかった。翌日すぐに乳腺専門病院に行った。
触診なし。マンモとエコー、続いて細胞検査。
知らなかったのだが、元がんセンター乳腺外科部長の病院だった。


「まだ調べなければ、わかりませんから。」という医師に、
「1つですか?大きさは?」と聞いた。

結果悪性。

がんセンターに行ってから、ラジオ派を勧められた。
これは調べてあまりよくないと考え、断った。
これもいい選択だったと思う。
結局1,5cmあったし、ラジオ派だとKiも分からない。
侵襲も分からない。
手術直後に、県内焼け残しの再発が多いという記事も読んだ。

手術は、直前に手術台に寝かされた時、恐怖を味わった。
TVと同じだ、恐怖感!だが、その1分後には寝ていた。


放射線は影響が長く、免疫が一番下がるというのを読んでいて、
不安だったけど、温存を選択したのだから通った。
図書館で放射線の専門書を読みふけったが、難しすぎた・・zz


進め!がんばれ!という気持ちで
夢中で治療していたかなあ。
今思い出すと体調はよくなかった。

ホルモン治療に入ってから、副作用に悩む。
関節痛、脱毛、めまい、など。
今もあるけど、関節痛はこの状態が普通のようになっている。


婦人科が気になっていて、体がん検診と共に見てもらう。
卵巣のう腫、筋腫。どうしようもなくバランスが崩れていた。
1月に手術する予定だった、けれど、どうも水漏れしているようで
大きさが変化する。様子見となっている。

いちょう


書いていてウンザリしていてはいけない。
いい方向に考えたい。(´ー`*;)


まず、シコリを触れたことがよかった。
触ってがんだとわかるような形をしていた。

翌日にすぐに元がんセンターの乳腺外科部長の病院に行ったのがよかった。
そこで考えていなかった、がんセンターを勧められたのもよかった。
すべてががん患者というのは、同じ同士だという気持ちになれた。

入院して乳がんの部屋に入れたのもよかった。
友だちができた。
放射線治療しながら、ランチもできた。
家族のありがたさも分かった。
変化のない日が幸せだということを再認識できた。


これからもがん検診と婦人科の診察が続く。


来年は新たな気持ちで過ごしたいと思う。
生まれ変わったつもりで頑張ろう!と思っていたのだが、
人間そうそうコロリと変われないものだな・・と
痛感する日々。
反省することも多い。


努力しなくちゃだめですよ。
たんぽぽさん。( ;´ー`)はひ


来年もノンビリがんばりましょう。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村