発見・告知

告知の日

1週間経って、検査結果を聞きに病院へ。
自分の中では悪性。
もし良性だったら、超ラッキーだろう。

そして待合室で待つ。
泣いている人が出てきた。
検査の結果が悪かったのか?
ホッとしたのか? わからない。

なるべくなら落ち着いていたい・・そう思った。
それから植物を見ていた。
生命がある物には、エネルギーがある。
植物に少しエネルギーを分けて下さい・・心の中で思った。

呼ばれる。
部屋に入って院長の顔を見て、「よろしくお願いします。」と言った。
顔つきから、やっぱり悪性だったんだなぁ・・と思う。

「検査の結果は悪性でした。」
「あぁ、そうですか・・」
「大丈夫ですか?」
「はい、大丈夫です。」

部屋を出る時「頑張ってください。」と言われる。
「はい、ありがとうございます。」と言った。
「お大事に」と言われるのが常だったけど、これは
がんばらなくてはいけない病気なんだ・・そう思った。


エコーでのサイズは7mm×6mm
これだけしか情報がない。
マンモにはあまり写ってないようだった。
私は今まで検診を受けたことがなかったのでした。
時々自分で触診はしていました。


紹介状の病院はがんセンター
これから他の検査が始まる。
だけど、紹介状があっても、待たされる。
がんセンターの初診まで、9日も待つのであった。

しょうがないのかもしれないけど・・
手術まで一体どのくらいの時間がかかるのだろう。
不安だなぁ・・・と思いながら時間を過ごしていた。

にほんブログ村 病気ブログへ







スポンサーサイト

見つけた日 そして病院へ

お風呂に入って何気なく触ったら・・
あれ・・と思う物があった。
だが、ここは昔から気になっていたものの、骨なんだろう。
寝る前に上を向いて、またちょっと触ってみた。

あ・・これ骨じゃない!
硬い。組織とくっ付いて動かない。
やばい>< これはガンじゃないのか。
それから、その晩はウトウト止まりで眠れず。

(ちなみに柔らかいがん、動くがんもあります。
炎症性もあります。硬い、動かないというのは、一般的に多いがんです。)

朝起きてから、病院を探す。
大きな病院は、紹介状がないとやってくれない><
ちょっと遠いが姉が検診したことのある、小規模の専門病院へ。

とても落ち着いた病院。
音楽が流れ、植物も多く置いてある。

マンモとエコー。
自分で見つけたのだから、あるのは間違いない。
そのまま組織検査。
結果は一週間後だという。

帰り道・・色々なことを考える。
自分の中では、ほぼ間違いなく悪性だろう。。という思い。

喫茶店に入り、今までの人生など考えてみた。
ろくなことをしてない^^;
これでは、もしあの世があったとして、神様に怒られてしまう・・
これからは、いい事をしなくてはいけない。
家の掃除もしなくちゃ・・
あぁ、仕事はどうしよう。



告知の時もここへ・・ここで飲んだ ココアとお肉。
これが最後の乳製品と肉。



歩きながら、次から次へと浮かぶ思い。
時々空を見上げながら・・

落ち着いて話さなければ・・・。